今どきの生命保険レディ

    女性就業者が多いと言われている職業のひとつ、生命保険の営業。いまどきの生命保険レディは、どんな商品のおすすめに力を入れているのでしょうか。
    最近の生命保険会社は、従来型の死亡保険から医療保険にシフトしつつあります。従来、生命保険といえば、死亡時に何千万円という、まとまった大金が支払われる保険が主流でした。そして、その保険に特約として、病気になったときに医療保障が付けられるというスタイルでした。その特約は、主契約の解約と共に消滅する「オマケ」のような位置づけでした。

    その特約部分を独立させたのが医療保険です。いわば、死んでから遺族が手にする保険から、「生きるための保険」に需要の触手が伸びてきたという背景があります。少子高齢化の時代、自分自身の健康は、自分自身で守るという生き方が、一般の人々に浸透してきたという状況も後押ししているのでしょう。

    生命保険各社は、医療保険にいろいろな商品を開発しています。最近では、既往症の人でも入れる医療保険も登場しています。ある会社などには、女性に特化した保険まであるそうです。女性には特有の病気があります。その病気を手厚く保障してくれる、そういった保険が、女性に人気を博しているのです。女性は、特に「女性専用」というコンセプトに弱い気質があります。そこを上手くとられた商品を開発した会社には脱帽です。

    最近、その女性専用医療保険分野では、各社が客獲得に血道を上げて奔走しています。ある保険会社などは、入院前の検査通院まで保障給付するという商品まで登場させています。女性は男性に比べて10年近く長生きするという、わが国の寿命実績に呼応している商品ですね。今後ますます生命保険レディが活躍していきそうです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です